便秘と口臭の関係性とは?解消するための効果的な方法とは?

便秘と口臭の関係性とは?解消するための効果的な方法とは?

今あなたは口臭に悩まされていますか?それともご自分では気づかれていないだけですか?

口臭は常にあなたを狙っています。

今まで全く言われもしない口臭がある日突然「口が臭い!」と言われてしまうかもしれません。

もともと、他人に「口が臭い」等伝えづらいものですよね。

それが、直接あなたに言ってくれるということは余程ニオイが発生しているということともとれます。

今のあなたは口臭はしないと言い切れますか?

なぜ口臭が発生してしまうのか。その謎を知れば誰にでも発生してしまうことを理解できます。

便秘があなたの口臭の原因なっている

「まさか」と思われた方、危険ですよ。

もちろん口臭は便秘だけが原因ではありません。

口腔内の様々な要因から発生することもあります。

しかし、口から遠く離れた腸で溜まっている便が口臭原因になってしまうのです。

便秘のメカニズムについて

便秘に悩まされていない方はおられると思いますが、便秘という言葉を聞いたことがないという方はほとんどいらっしゃらないかと思います。

ですので、詳細は省きますが要は、便秘はあなたの体内にまずは口から食べ物が入って、胃である程度消化してから、腸へと運ばれます。

そして、男性より女性の方が便秘に悩まされる理由は、男性よりも骨盤が広いために腸が骨盤内に落ち込みやすく、たるんでしまうために便が腸内に滞留する時間がどうしても長くなってしまいます。

この間便の十分な水分が腸に吸い取られ固くなってしまいます。

さらに、女性は男性よりも腹筋が弱い方が多いために、その固い便を排出する力があまりないために便秘に悩まされている女性が多いという訳です。

便秘によって体内に有害物質を溜め込んでしまう

便というものは、当然いらないものですよね。

便が腸内に長きにわたって体内に滞留するということは、腸内で悪玉菌が増加し、便の腐敗、発酵が進みます。

さらに腐敗した便からは発がん性物質等の有害物質が発生してしまいます。

有害物質こそが便秘による体臭・口臭の原因

健康な腸であれば、いらないものとして長時間滞在せずに有害物質は体外へ排出されます。

しかし、腸内に滞在してしまうために、腸の壁から有害物質が吸収され血液中に溶けだしてしまいます。つまり体全体に行き渡ってしまうということですよね。

それら血管をめぐった有害物質の行方は?

当然、全てを人が受け入れるものではなく、一部は肝臓で解毒されます。

しかし、「皮膚」や「呼気」からも排出されます。

この時に腐敗臭も同時に排出されるために、皮膚から排出されたものは体臭へと感じられ、呼気から出たものは口臭と感じられるようになります。

ニオイの種類としては、「口から出るオナラ」と同義になります。

さて、この特に女性に多いこの便秘の悩みは一体どうすれば、改善することが出来るのでしょうか。

便秘を改善することで、体臭・口臭をカットしたい!

便秘を改善させるためには、皆さん良くご存知だとは思いますが、何点か挙げてみましょう。

そして、一番有名なポイントは「善玉乳酸菌」を腸内へと行き渡らせ腸内環境を整えるという方法ではないでしょうか。

腸内環境を整えるには、善玉乳酸菌を摂取することが1番効果的!

そうなんです。

上記に列挙したものは個別に挙げているようで全て善玉菌を増やすための一連の作業のようなものです。

善玉菌は水溶性の植物繊維を好みますので、食物繊維を多く摂取すること。

悪玉菌を減らすこと、つまり善玉菌の絶対数を増やすことに繋がります。

また腸内には日和見菌という菌がおり善玉、悪玉の多い方に味方する菌が存在しています。

つまり腸内環境を整えるには、乳酸善玉菌の活躍が必要不可欠な存在になります。

腸内環境を整えるために善玉乳酸菌はどうやって効果的に摂取出来るのでしょう

もちろん、上記に列挙したことでもある程度の善玉乳酸菌はキープすることは可能です。

また、昔から日本では発酵食品が朝昼晩のどこかでは、食卓に出てくる文化でしたが
西洋文化が拡がるにつれて、発酵食品の摂取量が減少しています。

毎朝納豆等の発酵食品、漬物等の発酵食品など意識せずとも日本人は自然と摂取をしていました。

代表的な善玉菌はビフィズス菌、ラブレ菌、ガゼリ菌

乳酸菌を摂取出来る一番イメージの湧きやすい西洋の食べ物で言えばやはりヨーグルトですよね。

確かにヨーグルトには様々な効力を持った乳酸菌が存在しています。

しかし、ヨーグルトだけ食べる訳にもいかないですし、ヨーグルトが好きな方ならまだしも毎日食べていると飽きてもしまいますよね。

3食しっかり管理して…というのは理想論ですよね。

余程の意識が高くない限りは続かないのが現実です。

乳酸菌だけでなくビタミンの補給もサプリメント等の補給してあげないと体がいつか悲鳴をあげてしまいます。

乳酸菌の主な便秘改善のメカニズム

乳酸菌は、乳糖やブドウ糖などを分解して乳酸を生成し、腸内環境を整えてくれます。

腸内環境を整えるには腸内を酸性にすることが非常に大事なポイントです。

悪玉菌の増殖を抑え、大腸にある程度の刺激を与えて腸の運動を活性化してくれます。

大腸は1分間に2~3回伸縮を繰り返し運動を活性化していきます。

便が腸内にとどまると、悪玉菌が増殖し、悪循環に陥ってしまいます。

乳酸菌は水溶性の食物繊維を栄養素にしています

食物繊維は胃の消化液で消化されることなく、腸内へと運び込まれます。

イモ類、豆類、穀物類、野菜といった食物繊維が豊富な食事を続けることで、乳酸菌の善玉菌は活力がみなぎり、悪玉菌と戦ってくれます。

乳酸菌にはなぜ様々な種類があるのか

腸は十二指腸、小腸、大腸と分かれています。

それぞれが、消化・吸収・さらに吸収と働きを分けています。

そこで、乳酸菌も当然その働きに対して効果を発揮する菌が変わってきます。

代表的なもので言えば小腸には乳酸菌、大腸にはビフィズス菌といった具合に効果が分かれます。

乳酸菌は年齢と共に減少していく!?

赤ちゃん由来の善玉乳酸菌はあかちゃんの時には99%が存在していますが、成人になるとその善玉乳酸菌はなんと10%…60歳以上になればわずか1%にもなってしまいます。

加齢と共に体臭がひどくなるというメカニズムにも納得できますよね。

いかに乳酸菌があなたの口臭や体臭に関わってきているか。

便秘になってしまうことで口臭・体臭が悪化してしまうか。年齢と共に意識して乳酸菌を摂取していきましょう。

乳酸菌によって腸内環境が整った結果

腸内へ便が滞在しないことで、腸内で便が腐敗することもなく、口臭・体臭の悪化を防ぐことが出来ます。

あなたの口臭原因が口腔内から発生しているのか、それとも便秘からくるものなのか、まずはそれを知る必要がありますが、乳酸菌によって腸内環境を整えるということは何も口臭のためだけではありません。

免疫力の向上、アンチエイジングや美肌等これまた列挙に暇がないほどに、乳酸菌とタッグを組み腸内環境を整えてあげることで、様々な良い効果が生まれます。

便秘→口臭発生→乳酸菌で息スッキリ!

いかがでしたか?

乳酸菌を摂取することであなたの今後のライフが好転することは間違いないですよね。

是非、食生活の見直し、またサプリメントで補う等して便秘にさよならして、若返り快適な朝を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)