1. ホーム
  2. 口臭対策
  3. ≫口臭がうんこくさいって病気?原因は?改善する方法とは?

口臭がうんこくさいって病気?原因は?改善する方法とは?

口臭がうんこくさいって病気?原因は?改善する方法とは?

口臭にも色々ありますが中でも最悪といってもいいほどの臭いが「うんこ臭い」です!

確かに言われたときはかなりショックでしょう。

当然良いことではなく、男女関係なく学生の方はどんなにルックスが良くても恋愛関係になるのは難しいでしょうし、社会人の方なら上司や同僚に煙たがられる原因の1つになってしまいます。

女性には臭いには敏感な方も多いので男性は注意をしないといけません。もちろん女性も気を付けないといけません。

何しろ、口臭がうんこ臭いのですから。

しかし残念なことに口臭を発している人は意外にも自分の息が「うんこ臭い」とは思っていないようで、人から言われて初めて気づくということが多いのです。

そうなると原因はなんだ!?

ということになっていきます。

口臭がうんこ臭くなるのにはいくつかの原因があります。

  • 便秘
  • 口内問題
  • 病気

大きくこれら3つが原因だと言われています。

きっとうんこ臭いといわれたからにはこの3つの中に必ず原因があるはず。

一つ一つ、ご自身で確認してみて原因を探ってみてください。

そして、うんこ臭いって言われた相手から「うんこ臭くなくなったね」と言わせてやりましょう!

便秘とは?

腸内には善玉菌と悪玉菌がいます。腸内にいる悪玉菌の勢力が強くなると、腸内バランスを崩し便秘を引き起こしてしまいます。

善玉菌には、とても有名な乳酸菌やビフィズス菌、そして納豆菌などがいて一度は聞いたことがあると思われる菌が多いです。

主に食べ物の消化吸収、免疫力の活性化、腸内の運の活発化などが上げられ、人の誕生と共に増え始め100兆個にもなるといわれています。

もう一つの菌である悪玉菌は言葉の通り、人体に害を与えるもので免疫力の低下や老化、発がん性物質の発生といわれています。

腸内環境の悪化によって善玉菌より悪玉菌の勢力が強くなり、結果としてアンモニアや腐敗物質などが生成され便秘などを引き起こしたりします。

便秘が続くとどうなる?

悪玉菌の勢力が強く長い間、便秘の状態が続くと腸内に溜まった悪臭の濃度も高くなってしまいます。長く腸の中にいた悪臭は便秘のためどんどん溜まっていってしまいます。

そして溜まりに溜まった悪臭はやがて腸壁に吸収され、体中に流れる血流に乗り、やがて口内から、うんこ臭い口臭を出してしまう結果を招いてしまいます。

しかしそれ以上に、便秘で亡くなった女性のこともあるので、注意も得必要です。

改善方法

ストレスフルな現代世界、仕事や家事、子育てや介護等に追われている方も多いでしょう。
しかし忙しい中で、いかにストレスを溜めないかが重要になってきます。

腸内環境を整え、善玉菌を増やし腸内の悪玉菌とのバランスをとるには、生活習慣の改善が急務です。

生活改善をする、特に重要なのをピックアップしましたので参考にしてください。

  • ・しっかりした睡眠、できるだけ睡眠時間は6時間以上とるようにする。
  • ・善玉菌を増やすために、乳製品や発酵食品を食べるようにする。
  • ・脂っこい食べ物を少なくし、食物繊維の多く入っている野菜を食べる。
  • ・できる限り運動をする。

ストレスは万病の元ともいわれています。

いきなり全てを実行するというのは難しい方もいるかもしれませんので、1つずつ実行するようにするようにするといいでしょう。

もちろん、人それぞれストレス解消法というのは、あると思いますので休日の日に好きな事をするというのも正しいストレス解消法の1つです。

口内問題

私たちの口の中には約1000億個の細菌が住んでいるといわれています。

腸の中と同じように口の中にも善玉菌と悪玉菌がいます。

そして善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れたとき便秘と双璧をなす虫歯と歯周病の発生が高まってしまいます。

毎日歯を磨いているのにも関わらず、「どうして息がうんこ臭くなってしまうのだろう」と悩む人も多いのではないでしょうか。

原因として考えられるものに初期の虫歯や初期の歯周病があります。

虫歯のせいで臭くなる原因

虫歯によって、歯の一部が無くなりその部分から食べ物の残りかすが入り、腐敗をしたことから、悪臭を放つというものです。

初期の虫歯はあまり痛み等を感じることはないのですが、虫歯がひどくなるにつれ痛みや強烈な悪臭を放つようになりますので、少しでも違和感をあったら早めの治療が良いでしょう。

歯周病の場合

そもそも歯周病は、食べかすや細菌が炎症を引き起こし歯周ポケットという溝を作ってしまう病気です。

その結果、最後には歯を溶かしてしまうという口内における病気の一つで現代人の約8割が歯周病にかかっているという統計もあります。

うんこ臭い口臭の原因は歯周ポケットに細菌が住み着き、臭いを発せさせるのが原因です。

厄介なことに歯周病には、自覚症状というものがなく初期の場合自分自身では気づくことはほとんどできないと言っても過言ではありません。

初期段階である知覚過敏などの症状の時に歯医者へ行くことをおススメします。

病気の可能性は?

おそらく一番気になるのは、

「自分は何かしらの病気にかかっているのではないだろうか」

ということなのではないでしょうか。

口の中にまで影響が及んでしまうというのは、かなり病気の進行が進んでいる状況の可能性が高いと推測できます。

ただ安心してほしいのは、うんこ臭い口臭によって深刻な病気の可能性は、便秘や歯周病、虫歯に比べてかなり可能性は低いのです。

うんこ臭い口臭の原因の9割が便秘によるものか、歯周病や虫歯などの問題による可能性が非常に高いのです。

したがって、便秘や歯周病などの大部分の原因をすべて排除したうえで最終的に病気を疑ってみるべきです。

考えられる病気の種類

それでもうんこ臭い口臭の原因となる病気はいくつかあります。

  • 肝臓病
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 尿毒症
  • 糖尿病

いずれの病気もかなり重症になっている可能性も高いので、もし少しでも当てはまったら大至急病院へ行かなければなりません。

口臭サプリという手も!

病気の場合は別として、便秘も虫歯も歯周病もなく、生活習慣も良好にも関わらず

「うんこ臭い口臭が治らない!」

という人も多いと思います。

それに忙しくゆっくりする時間がない人や、急に大事な人と会う予定ができたときなどは、早く自分の口臭を治したいと思う人もいるのではないでしょうか。

そんな人には口臭サプリというものがあります。

口臭サプリはいわゆる栄養補助食品の一つで、現代人に不足がちとされている鉄分などが入っているものも多くあります。

バラの香りのものやジャスミンの香りのもの、体内で悪臭の元となっているものを分解してくれるものなど様々なものがあります。

値段はどのくらいなの?

サプリメントを使用するにも、値段を考えなければなりません。

口臭サプリ全体としては、高いものでは8000円前後、安いもので数百円とかなり差があります。

ただ、高ければ良いというわけではなく、自分の身体にあったものを選択することが重要になります。

まとめ

うんこ臭い口臭を早く治したいという焦りで、逆にストレスが溜まってしまったら意味がありません。

人によって口臭の改善には、時間がかかる人もいればあまりかからない人など様々です。

もし生活改善をしてもうんこ臭いのが治らなかったら、口臭サプリを使用するというのも一度選択肢に入れてみたらいかがでしょう。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)