1. ホーム
  2. 加齢臭対策
  3. ≫加齢臭を隠すために香水は良くないって本当?正しい加齢臭対策のやり方とは?

加齢臭を隠すために香水は良くないって本当?正しい加齢臭対策のやり方とは?

加齢臭を隠すために香水は良くないって本当?正しい加齢臭対策のやり方とは?

ある程度年齢を重ねると、どこからともなく臭ってくるチーズっぽい何とも言えないニオイ。

それが「加齢臭」です。

もちろん男女共に出てくるのですが、男性の方が多いのが事実です。

世間一般では「オヤジ臭」や「おっさん臭い」などと言われ、気にしている中年男性も多いのではないでしょうか?

それではなぜ加齢臭が出るのか?

加齢臭対策の方法など調べてみましたのでご紹介します。

加齢臭とは?なぜ出てくるのか?

加齢臭の元。それは皮脂腺の中の脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで生じる「ノネナール」という物質です。

40歳を過ぎると酸化に対する抑制力が低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加します。

それに伴って、体臭成分であるノネナールが急増します。

原因としては、体内に溜め込まれた脂肪分が、毛穴の中から出てきて酸素に触れてさび付くことが、ノネナールの発生の原因となっています。

そしてこの過酸化脂質の増加には活性酸素が大きく関わっています。活性酸素はストレスを感じた時が一番増加します。

その他、タバコを吸った時や、栄養を多く摂りすぎた時などにも発生します。

また、たくさん運動して酸素を多く体内に摂り入れた時にも発生します。

ノネナールを増やす原因は、ストレスを溜め込む生活や、肉中心と化した欧米の食生活、運動不足、さらに喫煙などが関わっています。

簡単に言うと一般的に不健康や不摂生と言われるような生活習慣がノネナールを増やす原因となって、結果的に加齢臭を発生させているという事になります。

ちなみに20代の若年層に加齢臭がないのは、ノネナールを発生させる皮脂の分泌が中高年層よりも少ないことや、酸化を抑える力が強いためです。

そしてこの皮脂の分泌は30代で一番多く分泌されます。

いずれも普段から健康的な生活習慣を身につける事が大切です。

加齢臭が発生しやすい生活とは?

  • タバコを吸う本数が多い
  • お酒の量が多い
  • 肉中心の食生活
  • 栄養バランスを無視した食事
  • 運動不足
  • ストレスを溜めている

働き盛りの20代~40代の男性は当てはまる項目が多いのではないでしょうか?

まだ20代だから大丈夫だと思っていても、蓄積された加齢臭の原因が予備軍となって後から、大発生するかもしれません。

年齢を重ねた時に加齢臭が酷くならないように、普段から健康的な生活を心がけることが大切です。

加齢臭は食生活で改善できる?

食生活は加齢臭や体臭にとても関わりがあり、重要な要素の1つです。

そのポイントは「酸化を抑える」ことです。

そしてその酸化を抑えるための食生活はどうすればいいのか?

簡単に言うと、「健康に良いものを選んで食べる」という事になり、やはり野菜中心で動物性脂を控える事が重要になります。

動物性の脂肪は皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌を過剰にして加齢臭の元を作ってしまう危険性があります。

そうなると加齢臭対策に最適な食生活はやっぱり「和食」です。

さらに体の酸化を抑えるために、ビタミンC、ビタミンE、カテキン、ポリフェノール、βカロテンなどを多く含む食品を摂取すると良いです。

このビタミンCやビタミンEは活性酸素の発生を抑える働きがあるので、積極的に摂取していきましょう。

(ピーマン、パセリ、ゴーヤ、ブロッコリー、アーモンド、抹茶、ウナギ、カボチャなど)

加齢臭を抑えるのに香水は効果がない?

加齢臭を抑えようと手っ取り早く香水を使用する人は多いかと思います。
ですが結論から言うと、

加齢臭に香水を振りかけるのは絶対にNGです!

特に強い香りの香水なんて、もってのほかです!なぜか?

何となく予想はされているとは思いますが、加齢臭と香水の良い香りがケンカして逆にとんでもない悪臭を放ってしまう可能性が大きいのです。

そもそも現代の香水は「消臭」を目的として作られていません。

よく考えればわかる事なのですが、香水の利用目的、それは「香りをまとう」ということ。

癒し効果、フェロモン香水など、異性を惹きつけるために作られている物もあります。

臭いニオイを「消す」のは消臭剤です。

良い香りがするからといって臭いニオイに混ぜると・・・「混ぜるなキケン」状態になってしまいます。

香水の歴史は古く、古代エジプトから防腐作用や宗教的な行事に用いられていました。

それが現代のスタイルの香水となり、ファッション感覚で使用する目的になっています。

おわかりの通り、そもそもの使い方が間違っています。

臭いニオイと良い香りを混ぜて、良いニオイになるわけがありません。

そして加齢臭をごまかそうと、さらに香りの強い香水を付けすぎると自分の鼻も麻痺して、自分がどんなニオイを放っているのかわからなくなり、これもまた周囲に不快な思いをさせる可能性があります。

こうなるともう最悪ですね。

間違いなく自分の周囲に人がいなくなります。

そうならないように、今まで闇雲に香水を体中に振りかけていた方へ、加齢臭がどこから出ていて、何が正しい対策なのか?

ご紹介します。

加齢臭ってどこから臭いがでるの?

ノネナールを発生させて嫌なニオイを出す皮脂腺は、全身にくまなくありますが特に、頭、おでこ、鼻、首回り、耳の後ろ、胸、ワキ、背中に多くあり、上半身のほとんど全てです。

この中でも一番ニオイが出やすい場所が「耳の後ろ」です。

この耳の後ろ辺り(首回りや頭部)から発せられる強い脂っぽいニオイで、40歳以上の男性の8割以上がこの加齢臭に悩んでいると言われています。

加齢臭対策のやり方は?

最初に加齢臭の元がノネナールだと話しましたが、このノネナールを体の外側から消すことはできるのか?

食生活で加齢臭を抑えるのは健康のためにも大事ですが、コストや調理の手間などを考えるともっと簡単にニオイを消す方法はないのか?と考えますね。

そこで基本的な対策ですが、やはり毎日の入浴で体をキレイに洗い、普段から皮膚を清潔に保つ事です。

加齢臭が発生する、逃避や胸や背中にはシャンプー石けんボディソープできっちりと皮脂の汚れを落とす事が重要です。

そしてシャンプーや石けんで洗った後は、ちゃんと流し落とさないと残った泡などが、逆に毛穴を塞いだまま乾燥されるとフケのようにカサカサになり痒みになったり、皮膚を傷つけたりしかねないのでしっかり流しましょう。

今は加齢臭やワキガなどにも効果的な、抗菌力や消臭力に優れたボディソープや、アミノ酸系のニオイをしっかりと洗い流す事ができるシャンプーなども、ネットなどで購入できるので利用してみるのもお勧めです。

後は手っ取り早くサプリメントなども有効です。

サプリメントは体内の内側からの対策ですので、シャンプーや石けん、ボディソープと違って、「良い香り」はしませんが、根本的にニオイの元にアプローチして、嫌なニオイを解消してくれるので、こちらもオススメです。

特に有効が成分としては、

  • 柿渋エキス
  • 緑茶エキス
  • シャンピニオンエキス
  • βカロテン
  • フラボノイド 

このような成分が含まれているサプリメントをオススメします。

まとめ

女性があまり加齢臭がしないのは、女性ホルモンの働きでノネナールの生産量が抑えられているからです。

そして女性は普段からニオイや清潔に気をつけている傾向にあるので、あまりニオイが気にならないのかも知れません。

もちろん、個人差はありますが・・・

食生活や運動なども、自分が意識をすればできなくはない事です。

ただ、

  • 仕事が忙しくてそんな時間がない!
  • 疲れていて動きたくない!
  • 何より面倒だ!

などなどたくさん思う事はあるでしょう。

ですが、悩んでいるならやはり普段からの生活習慣、食生活、普段からの清潔(シャンプー、石けん、)を

きちんとすること。+αで効果的なサプリメントを選ぶ事も視野に入れておきましょう。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)